NHK杯のあと、各地の大会やグランプリファイナル、アイスショーなど、スケートのさまざまなイベントが続いていますが、皆様、いかがお過ごしでしょうか。

先週木曜日には、昨年に引き続いて、小塚崇彦さんと朝日カルチャーの講座でお話させていただきました。
全日本選手権を終えたところで、平昌五輪の日本代表がどうなるのか・・・という客観的なデータのお話がとてもおもしろく、目からうろこで、「これ、誰かにいますぐ話したい!」という気持ちでした。

その全日本、今週木曜日からスタートします。
出場するどの選手にとっても、今季もっとも重要な大会のひとつですので、
ぜひ、どの選手にも気持ちのいい演技ができますように、という思いです。


そんな本日、次の2つのエントリーで、全日本に出場する永井優香選手のインタビューを掲載します。
ぜひ、全日本前にお読みいただければと思います。


----------
その他、いろいろ告知的なものです。

「フィギュアスケートLife」Vol.12
(12月20日発売)
さまざまなインタビューなどが掲載されています。
ジェイソン・ブラウンのコーチ、コーリ・エイドさんのお話がとにかくおもしろかったです!
もちろん、ジェイソンの連載第2回目もあります。
中野友加里ちゃんへの、ものすごーく久しぶりのインタビューも楽しかった。
「あの頃」を思い出して、切なくなりました。
小塚くんの連載も、五輪シーズンのあれこれを思い出し、胸がいっぱいに・・・。



フィギュアスケートLife Vol.12
フィギュアスケートLife Vol.12

----------
●朝日カルチャーセンター新宿教室
1月20日(土)13:00-14:30
「フィギュアスケートの楽しみ方(1)
 ~平昌五輪をドラマティックに見る!」

半月ほど先に迫った平昌オリンピック。
出場選手たちのこれまでを、そのインタビューや囲みでのコメントなどから振り返る、オリンピック観戦の準備のための講座です。
選手たちにはそれぞれ、さまざまなドラマがあります。
それらを垣間見ることで、平昌オリンピックをよりドラマティックに感じられるかもしれません。

●NHK文化センター横浜ランドマーク教室
3月10日(土)11:00-12:30
「もう一度楽しむ!平昌のフィギュアスケート」

2月に開催された平昌オリンピック。
その興奮冷めやらぬこの時期に、オリンピックであった象徴的なできごとや演技などを、男子シングルを中心に振り返ります。
講師が取材現場で実際に見たり聞いたりしたこともふんだんにお話することで、同大会を再度楽しむことのできる講座です。

●朝日カルチャー新宿教室
3月17日(土)13:00-14:30
「フィギュアスケートの楽しみ方(2)
 ~平昌を振り返り、世界選手権を展望する」

オリンピックから半月ほど経過した時期に、現地での取材で見たことを交えながら、平昌オリンピックを振り返ることで、五輪期間中には見えなかったことを探ります。
さらに10日ほど後に迫った世界選手権でどんな演技が見られるのか、過去の五輪と世界選手権との演技を振り返り、今季最後の大きな大会を展望します。

●NHK文化センター神戸教室
3月24日(土)11:30-13:00
「もっと知りたいフィギュアスケ-ト
 ~五輪直後の世界選手権というもの~」

オリンピックのあるシーズンは、オリンピックが終わるとひと段落、といった気持ちにもなりますが、オリンピック直後の世界選手権、実はとてもおもしろいのです。
ここまでの4年間の様々の集大成的な演技が見られたり、また、次の北京オリンピックに向けた4年間の兆しが感じられたり。
そこで、世界選手権直前のこの時期に、オリンピック直後の世界選手権とはどういうものだったのか振り返っておき、来たる今季の世界選手権をさらに楽しく見られる一助になる講座をめざします。
そのほか、平昌五輪での取材の裏話などもお話する予定です。
フィギュアスケートを長く取材してきたライターならではの話を聞ける1日限りの人気講座です。

●NHK文化センター京都教室
3月24日(土)15:00-16:30
「フィギュアスケートの楽しみ方
 ~試合の流れの中で演技を見る~」

フィギュアスケートの過去の演技を見返すとき、特定の選手をピックアップすることが多いですが、その選手がその時どういう状況にいて、前の滑走順の選手たちがどういう演技をしていたのか、といったことを知ると、その演技の臨場感がぐんと高まります。
そうした、試合の流れの中で演技を見るおもしろさをお伝えする講座です。
今回は、2005年全日本選手権女子フリーと2012年世界選手権男子フリーを題材にします。
そのほか、平昌五輪での取材の裏話などもお話する予定です。

----------
●『家庭画報』2018年1月号
大好きな将棋では、中村太地王座にインタビューさせていただきました!
お話もとてもおもしろく、理知的で、お話させていただき、改めて棋士の凄さを感じました。
家庭画報 2018年 1月号
世界文化社
2017-12-01

家庭画報 2018年1月号【雑誌】【2500円以上送料無料】
家庭画報 2018年1月号【雑誌】【2500円以上送料無料】