さて始まります。
昨日はさむーいリンクで練習をたくさん見ました。

さて本日。全日本初日です。
現在、プレスルームで男子の練習開始を待ちながら、毎年楽しみな、プログラムを熟読中。

大庭雅ちゃん、今年も安定の、特技:囲碁。いいねえ。今年囲碁って書いてなかったら寂しいなあと毎年思ってます。
友毬ちゃんの写真は就職活動のかな、と思ったり、小塚くんの趣味に笑ったり。

全日本は、もちろんトップ選手たちの演技も楽しみですが、やはり大学四年生がとても楽しみだし、考えただけで目頭が‥‥となります。
もしかしたら引退じゃないかもしれないけど多分ほとんどの人が大学卒業とともに引退で、国体などもあるかもだけど、全日本はもうこれが最後で。
って思うだけで、ぐっときます。

今年もたくさんいます。
西野友毬ちゃん、磯崎大介くん、木村真人くん、野添紘介くん、服部瑛貴くん、渡部幸裕くん。
村元哉中ちゃんは四年生でもこれから、だからここには入らないかな。
みんなもう大学四年生になってたんだー、小学生の時を覚えている選手も少なくないです。
いやー、なんかしみじみしちゃいます。

そしてこれも毎年思うことですが、中学二、三年女子はこわい。
今年は、中2は青木祐奈ちゃん、白岩優奈ちゃん、本田真凜ちゃん、中3は坂本花織ちゃん、樋口新葉ちゃん、横井ゆは菜ちゃん。
中学生で全日本ってことは、全日本ジュニアの上位者なので勢いもあり、まだ身体も軽くてジャンプも跳べるし、と、全日本をおもしろくしてくれる存在になります。

と書きながらリンクに移動して、今は男子の練習を見始めました。
寒いです。

みんなが熱くいい演技できますように!

そして応援に来られる皆さん、防寒対策は念には念をいれて!
しすぎ、で困ることはないと思います。




----------
12月24日発売です。
全日本選手権の会場でも販売されます。
いろいろなインタビュー載ってます!





----------
「フィギュアスケートの世界 ~世界選手権にむけて、男子シングルの歴史を知る」
1月23日(土)、2月6日(土)、3月5日(土)

 いずれも13:00-14:30
 栄中日文化センター
   

▼講座概要   
男子シングルの長野五輪後18年を、3つの時代に分けてご紹介します。   
当時のスケート界の状況や大会現場の雰囲気、選手のコメントなどとともに、過去の演技を見ていきます。   
男子シングルのこれまでを体系的に見ることで、3月下旬の世界選手権を俯瞰した視点で、より深く楽しく観戦することをめざします。   

▼各回の演題と内容   
・1回目(1月23日)   
 1998年~2004年頃。ヤグディン、プルシェンコ、本田武史らが活躍した旧採点時代最後の時代。   

・2回目(2月6日)   
 2004年頃~2010年。新採点方式移行後、プルシェンコ、ランビエル、バトル、髙橋大輔らが個性的な演技を見せる。   

・3回目(3月5日)   
 2010年~現在。パトリック・チャンらとともに、小塚崇彦、無良崇人、羽生結弦、宇野昌磨ら日本男子が台頭。   

お申し込みは、こちらから。   


----------   
2016年2月13日(土) 13:00-14:30
「フィギュアスケートの楽しみ方(1) ~『振付け』というもの~」
   
素晴らしい演技には、素晴らしい振付師の存在も欠かせません。振付けの素晴らしいプログラムや、同じ振付師のプログラムの似ているところや進化したところ、振付けと切り離しにくいコスチュームについてなど、映像を見ながら様々な視点で見ていきます。   

2016年3月12日(土) 13:00-14:30
「フィギュアスケートの楽しみ方(2) ~世界選手権にむけて、1シーズンの流れ、平昌五輪までの流れから今季を見る~」
           
世界選手権を半月後に控えた時期に、今シーズンの流れや空気感からどんなことが楽しみな大会になるのか、今季の世界選手権が2018年平昌五輪にどう影響していくのか、演技の映像や選手たちのコメントや舞台裏の様子などをもとに展望していきます。   

----------
キングレコードの『フィギュアスケート・ミュージック2015-2016』です。
12月23日発売!
スカイブルーのジャケットです。


フィギュアスケート・ミュージック 2015-2016
オムニバス
キングレコード
2015-12-23


フィギュアスケート・ミュージック2015-2016[CD]【K2015/12/23発売】
フィギュアスケート・ミュージック2015-2016[CD]【K2015/12/23発売】