朝、目覚めて、ショートダンスの結果を見る。
なるほど。
なんとなくぼんやりと想像していたことが、良くも悪くも結果に出ているのかなあ、と。
ショートダンスの結果を見て、「楽しみに待たれる」ってことの重要さを感じました。
そのあと、上位陣の演技を見たあとも、同じ思いです。

・プログラムがとってもいい
・今、旬! とか、勢いがある
・巧い、すごい、強い
・観戦者の個人的に好みの選手、自国選手など

こういう要素があると、心のどこかで演技を楽しみに待っている自分に気づきます。
ただ「見たいなあ」っていうだけではなくて、「わくわくしながら、自然に心が待っている」って感じ。
私自身、それぞれのスケーターたちにそれぞれに思い入れや思い出があるけど、「わくわくしながら、自然に心が待っている」って状態は、自分ではコントロールできないところにある感じがします。

今シーズンのアイスダンスでは、パパダキス&シゼロンとシブタニ兄妹が、たくさんの人にとても楽しみに待たれているのかなと思っていました。



そんなことを思っていたら、男子ショートも終わりました。

ライブストリーミングを見ながらツイッターでつぶやいたりごはん食べたりすると、これはこれで楽しい!
まだテレビ放送がないので(テレビ放送のあると思われる)上位陣は避けますが、何人かとても胸を打たれた選
手のうちの1人、ミーシャ・ジーくんについて、ちょっと書きたくなって。

ミーシャくんは、去年の9月から『フィギュアスケートLife』で連載を持ってくれています。
9月発売分、12月発売分はメールのやり取りをする時間があったのですが、3月発売分は、怪我などもあり、世界選手権前ということもあり、さあ、どうしようという状況でした。
練習第一だから、邪魔はしたくない。
もし無理だったら1回スキップして次号にする? という話もしましたが、ミーシャくんは練習の終わった後、(アメリカ時間の)夜9時半くらいからSkypeでやりとりできるよ、と時間をとってくれ、お疲れのところなのに、きっちりしっかりたくさん話してくれました。

いつも隠し立てせずにつらいことやその時の状況を冷静に分析して話してくれるミーシャくん。
今回の連載を読んでいただければわかるのですが、怪我のために四大陸選手権を欠場して世界選手権だけに絞ったけど、まだ状況はよくない。去年は6位だったけど、今年はショートで落ちることもありうる。でもそれでもやれることはすべてやって世界選手権に臨むよ、と言っていました。

そして、さきほどショートが終わり、結果は15位。
ジャンプはできることをきっちりやって、加点を狙うスピンもしてました。

人あたりがよくて感じもいいすごくいい青年のミーシャくんは、本当にクレバーで冷静でいつもできる限りのことをしていて、いつもその演技を見るたびに、ぐっと来てしまいます。
彼の、今できる限りのフリーも、楽しみに待っています。

もちろんほかにもいろいろ胸を熱くさせてくれた演技はありました。
世界選手権、みんなここを最終目標にしてくるので、やっぱりとてもおもしろい。
始まるとあというまに終わっちゃうけど、数日、楽しみましょう!


ミーシャ君の最新連載もあります。





----------
●朝日カルチャーセンター(新宿)
4月16日(土)13:00-14:30
「フィギュアスケートの楽しみ方(1) ~ペア、アイスダンスの世界~」
 
「ペアとアイスダンスのことももっと知りたい」 そんなご要望から、これまでの素晴らしい演技を振り返ります。 
現在までのペア、アイスダンスカップルの世界観、戦いの歴史、パートナーシップ、人となりなどに触れながら、極上の演技を堪能します。 
----- 
朝日カルチャーセンター(新宿)
5月21日(土)13:00-14:30
「フィギュアスケートの楽しみ方(2) ~ラフマニノフ『ピアノ協奏曲』を使ったプログラムのすべて」
 

ラフマニノフの『ピアノ協奏曲』と聞くだけで思い浮かぶ演技がいくつもあることでしょう。 
いずれも名作ではありますが、それらのいくつかを紹介しながら、その演技の背景やスケーターにとってどんな意味のあるプログラムだったのかなどを振り返ります。 

----------
▪️中日文化センター
⚫︎5月14日(土)13:00-14:30
過去の演技を見返す時、ある特定の選手の特定の演技のみをピックアップして見ることが多いですが、その演技が行われたときのその選手の状況や試合の空気感などを感じながら振り返ると、より臨場感が高まります。また、選手1人ひとりの状況を確認しながら見ると、それぞれがドラマティック。2005年全日本選手権女子と2012年世界選手権男子を題材に、そういったお話をします。



いずれの講座でも質問などは事前に承っていますので、 
  ・このブログでお知らせしているメルアド 
  ・このブログのコメント欄 
  ・朝日カルチャー(sn9infoあっとまーくasahiculture.com 件名を「フィギュアスケート」で。「あっとまーく」のところは「@」で置き換えてください) 
  ・私のツイッター @HitomiHase 
  ・Facebook 
にお送りください。 

よろしくお願いします! 


------------------------------------------------------ 
------------------------------------------------------ 
Facebook
●Twitter @HitomiHase
note始めました。まだ試運転中です。 

All Aboutフィギュアスケート で、月に1~2記事アップしています。