朝起きたら、風が爽やか~。
湿度が低い~。
あ~、やっと秋が来た~、と嬉しくなりました。


毎年、秋になると俄然やる気が出てきます。
昨日は(まだ湿度が高かったので、私の中では「晩夏」だったけど)、All Aboutの原稿を書いて(今日アップされると思います)、その写真を選んで、でも原稿をアップするためのパスワードが何度トライしても撥ねられてしまうために力尽き、出かけることに。

『フィギュアスケートLife』Vol.7
の発売日だったので、書店に行って該当売り場を遠巻きに見たところ、食い入るように読んでいらっしゃる方を発見。
こういう場面、ほんと嬉しいです。
心の中で大きな声で「ありがとうございます!」と言いながらその場を去る。
そして、同じく昨日発売の『3月のライオン(12)』と、発売になっていた銀色夏生さんの日記村上春樹さんの文庫を購入。

銀色夏生さんの日記シリーズ『つれづれノート』は、学生の時に発売されてからずっと、本屋さんで見かけるとなんとなく買って読み続けてきましたが、今回のはもう30巻目!
そんなに読んできたのか、とかなりびっくり。
30冊も読んでいると、著者のことは直接知らないけれど、ちょっと知っている人がどこか遠くで(っていっても、実際にはロケーション的に意外と近くに住んでいるようだけど)今日も楽しく生きているんだよなあ、っていうような気持ちになります。不思議。

3冊とも早く読みたい、と思いつつ、他に手に取った本が意外とおもしろく、調べるとkindleの方が安かったので、ダウンロードして、その本を読み始める。
とてもおもしろい。
おもしろいんだけど、他の3冊も早く読みたい。
そんな、幸せな焦燥を感じた昨日でした。


さて、今週末は、スケート的にも忙しい時間を過ごされる方が多そうですよね。
Jr.GPエストニア大会、オンドレイ・ネペラ、オータム・クラシック、ジャパンオープン、カーニバル・オン・アイス、関東ブロック、中部ブロック・・・って7つも。
いずれもそれぞれに味わい深そうです。
10月1日、秋、(自分が滑るわけじゃないけど)忙しいスケートのシーズンの本格的なスタートですね。
今季も楽しく過ごしたいです。

----------


フィギュアスケートLife vol.7
フィギュアスケートLife vol.7