全日本選手権、終わりましたね。

以前のブログでも書いた通り、
今シーズン前半は、妊娠・出産のために現場での仕事を控えているため、
今年はテレビ観戦を続けています。
なので、全日本もテレビ観戦。
テレビはテレビで、とても楽しかったです。

羽生くん、村上くん、草太くんがいない寂しさもありましたし、
男女1人ひとり、ペアダンスの1組1組それぞれに個人的な思い入れがあって、
演技のたびにさまざまな思いを胸を去来させる時間でした。
放送のなかった選手たちも本当は現地で見たかった。
やっぱり、「あの選手、去年よりスピンが速くなったよな」とか
「トリプルアクセルきれいに決められるようになったんだー」とか思いながら
見たいですね、全日本は。

きっと現地で生観戦された皆さんも、
テレビ観戦された皆さんも、
同じように、というかそれ以上にいろいろ強い思いを抱いて
演技を見ていらっしゃったことと思います。

さて、今日はメダリストオンアイス。

宣伝になりますが、MOIのパンフレットのなかで、
宮本賢二さんにインタビューさせていただいています。
お忙しいなか時間を割いていただき、貴重なお話を聞かせていただけました。
パンフレットを購入された方、
ぜひ宮本さんのインタビューをお楽しみいただければと思います。

----------
----------
日本女子選手の演技から、フィギュアスケートのおもしろさに触れる
2017年2月4日(土)
13:00-14:30
中日文化センター(名古屋・栄)


伊藤みどりさんが日本選手として初めて世界女王になったのが、1989年。
それから現在まで、数多くの日本女子選手たちが世界の舞台で活躍してきました。
その30年ほどの時間のなか、素晴らしい演技を見せてきたスケーターたち(現役選手も含む)を、
そのエピソードや演技から振り返り、その中で、フィギュアスケートの素晴らしさやおもしろさに触れていきます。
また、今シーズン後半の四大陸選手権、世界選手権に向けたお話も織り交ぜる予定です。
(お問い合わせ先 0120-53-8164)


フィギュアスケートの楽しみ方 ~4回転ジャンプというもの
2017年3月4日(土)
13:00-14:30
朝日カルチャーセンター(東京・新宿)


この数シーズン、多数回・多種類の4回転を跳ぶ男子選手が増えてきました。
1988年から現在までの約30年間に跳ばれてきたさまざまな4回転、
それにまつわるストーリー、近年の4回転、そして4回転のこれからについてお話しします。
(お問合せ先 03-3344-1941)
----------
●「フィギュアスケートLife」 vol.8も発売になりました。



フィギュアスケートLife vol.8フィギュアスケートLife vol.8

--------------------
All About フィギュアスケート